スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【汚染】PAC3に困惑「自衛隊地ならしか」 沖縄【反日サヨク化】

日本の定跡より
 
自衛隊と朝鮮人民軍が手を組んでいた!?
 
上記の読んでから私が沖縄のサヨクに関して書いた記事読み直したり
考えたりしたが
今の沖縄って被害者をとことん追い詰める思想になってるのではないか?
 
PAC3に石垣困惑「自衛隊地ならしか」(3/22)
↑沖縄タイムス
 
記事内容
------------------------
 
 【石垣・南城】北朝鮮のミサイルに対処する名目で、沖縄本島と石垣島に地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が持ち込まれる。降って湧いたようなきな臭い動きに、地元では21日、戸惑いが広がった。識者からは「本当にミサイルなのか」と根本的な疑問も出され、自衛隊先島配備に向けた国の「自作自演」の可能性も残る。
 
 PAC3の石垣市内への配備について中山義隆市長は「国からは正式な話は来ていない」と述べ、「北朝鮮のミサイル精度が一番心配だ。島の上を通る可能性があるなら、国はあらゆる外交的手段を使って、発射を中止するよう対応してもらいたい」と要望した。
 
 PAC3は民間フェリーで運ばれる。八重山地区労の波照間忠議長は「万が一、港で爆発したら港湾の機能も動かなくなる。そもそも石垣まで来なくても対応できるのではないか」と疑問視。「与那国など先島への自衛隊配備を見越し、武器に対して市民の目を慣らす目的も感じる」と指摘した。
 
 「寝耳に水」。空自知念分屯基地がある南城市の古謝景春市長も驚いた。「北朝鮮は動きの読めない国だ。しかし、公道を使った装備搬入や基地機能強化で市民の生命が危険にさらされないよう、判断には慎重を期してほしい」と求めた。
 
 沖縄平和運動センターは2006年、米軍のPAC3配備に座り込みで抵抗した。山城博治事務局長は「報復されるのは沖縄。おもちゃの鉄砲を持った子どものような、稚拙な政治の犠牲になるのはごめんだ」と憤った。今月末に検討されている田中直紀防衛相の来県に合わせ、本島と石垣で抗議集会を計画する。
 
------------------------
 
【バカか】「自衛隊いらない」与那国反対集会【沖縄】(2011/11/20)
 
>「何もない所に弾はこない。備えがある所に弾はくる。平和な島に(自衛隊という)備えはストップしてほしい
>「与那国に自衛隊を配備することは、中国などに戦闘態勢をアピールしているようなもの
 
こいつら沖縄サヨクの異常なところは
武装しなきゃ襲われないっていう性善説も真っ青な異常な偏向した平和主義ってところな
当たり前ですが
自国の利益のためなら平気で無抵抗な人間殺すのが「中国」なんですよ?
チベットの人々は武装して抵抗していたか?武力衝突したか?
 
で、この思想からすると
沖縄では犯罪被害者には人権なんてないんですよね?
 
だって自衛隊配備に対して批判の内容が
「こちらが武装したら襲われる」って理由でしょ?
 
それはつまり
米兵や同じ沖縄の人が犯罪を起こしたとき
加害者に問題があるわけではなく
被害者に問題があるから「犯罪が起こった」ってことですよね?
 
だって「こちらが何もしなきゃ襲われない」
逆に言えば「こちらが何かしたから襲われる」んでしょ?
 
ってことは被害者に100%落ち度があって加害者は無罪放免ってことですよね?
 
例え強姦事件が起きても
被害者に「強姦されるような要因があったから」事件が発生したのだから
その要因を回避できなかった被害者が悪いってなりますよね
 
あれ?
あれだけ米兵に対し抗議しまくってるくせに
本当は被害者が悪いって思ってたんですか?沖縄の人
 
あなた方の思想だと米兵を責めることは絶対にしてはいけませんよ?
それが被害者本人や家族であろうとも
「強姦被害者が何かしたから米兵に目をつけられて襲われた」
って沖縄サヨクの思想ではそうなるんですから
だって
「武装しなきゃ襲われない」んでしょう?
「何も無いところに弾は来ない」んでしょう?
 
もし「いいや、加害者が悪い」って主張するなら
 
自衛隊配備に文句なんて言えませんよ?
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄昏の森

Author:黄昏の森
韓国と韓流ファンが目を背ける現実を書いていきます

最新記事
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。