FC2ブログ

【既存メディアは】花王デモ報道【取り上げないのね】

Googleのニュース検索で「花王」と打ち込んだ結果

 

花王デモ「600億円払って株主にどう説明するの?」(9/16)

↑YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)

 

【速報】フジテレビ韓流偏向抗議はスポンサーの花王デモ決行へ!-ニコニコ生放送視聴者数ランキング、合計視聴者は5万以上! (9/16)
↑ベスト&ワースト

 

【速報】東京・花王本社前で大規模デモ、同行取材してみえたもの(9/16)
↑オトナの会社設立

 

3つだけという・・・

しかも有名なことは取り上げてませんね

 

以下記事内容

 

-----------

 

花王デモ「600億円払って株主にどう説明するの?」(9/16)

↑YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)

 

トイレタリー国内最大手の花王本社(東京都)の周辺で16日、インターネット上で募って集まった一般消費者ら約2000人が、抗議デモを行った。
 
フジテレビ偏向報道の大口スポンサーということでターゲットになった花王。ニコ動などによると、この日午前11時すぎから始まったデモは、同社オフィス周辺を練り歩いた。
 
参加者は30、40代くらいの一般の女性が多い様子。インターネット上で相手を社会的に追い込む「鬼女」という人たちもいるのかもしれない。
 
中には「広告費600億円も払って不買されて株主にどう説明するの?」などというシュールなメッセージを掲げた人もいた。
 
この日、東京株式市場の花王株は、デモには反応しなかった。

 

-----------

 

【速報】フジテレビ韓流偏向抗議はスポンサーの花王デモ決行へ!-ニコニコ生放送視聴者数ランキング、合計視聴者は5万以上! (9/16)
↑ベスト&ワースト

 

■花王デモ決行!
フジテレビの韓流偏向姿勢に対する抗議活動は、スポンサーへもその矛先を向けた。2011年9月16日、11:30より東京茅場町の花王本社に対するデモが決行されたのだ。
 
平日の抗議活動ということで、前回のフジテレビデモに比べそれほど大規模なものにはならないことが予想される。
 
また、スポンサーに対する抗議というあり方についても、異論の声が上がっている。ただ騒ぎ立てて圧力をかければいいというのであれば、それは彼ら自身が嫌っている某国のやり方そのままという批判の声も上がっている。
 
実際に、花王の姿勢を変化させるだけの影響力を持つのかどうかは、これからの動きをみていかなければ何とも言えないだろう。
 
■ニコニコ生放送視聴者数ランキング
とうことで、今回はニコニコ生放送で「花王デモ」の視聴者数の多い番組のランキングを作ってみた。
 
12:10時点で視聴者が1万人を超えている放送が3つある。
 
 
1位:【LIVE】9.16 花王本​社平日デモ(茅場町) (16695)
2位:花王抗議デモ (10612)
3位:【平日9/16に】花王本社デ​モ【突撃】 (10041)
4位:【東京・茅場町】9・16花王​抗議デモ中継【本社にGo!】 (7778)
5位:【ミラー】【LIVE】9.1​6 花王本​社平日デモ(茅場​町) 【立ち見A】 (2930)
6位:【緊急ミラー】【東京・茅場町​】9・16花王抗議 デモ中継​【本社にGo!】 (1215)
7位:【国会、花王デモ中継】ミラー​【チャット枠】DJ!! (1012)
(参考:ニコニコ生放送)
 
 
1000人以上の視聴者を集めている生放送の合計視聴者数は5万人を超えているようだ。

 

-----------

 

【速報】東京・花王本社前で大規模デモ、同行取材してみえたもの(9/16)
↑オトナの会社設立

 

平成23年9月16日、花王前にて抗議活動
平成23年9月16日、東京都内の株式会社花王の本社前にて、フジテレビの主要なスポンサーとされている花王に抗議するデモ行進が行われました。
 
今回の抗議活動の主催者である「花王デモ実行委員会」の公式サイトによると9月16日に行われたデモは、フジテレビの偏向報道に対してスポンサーとしての義務を果たせというのが、主な目的とのことです。
 
幅広い世代がデモに参加
16日におけるデモにおいては、取材した記者が見た限り、特定の世代ではなく、若者から高齢者まで幅広い世代の人が集まっていました。
 
そして、取材した記者が見る限り、デモ行進開始時には、少なくとも1200人以上デモ参加者が、集まっており、デモ行進終了時には、デモ参加者がそれ以上に膨れ上がっていたという印象を受けました。
 
取材記者が見たデモの印象
16日のデモ行進には、厳しい残暑だったのにも関わらず普段デモに関わらない主婦層の参加者が多く、まるで、近所のお祭りに参加しているような雰囲気を醸し出していました。
 
そして、デモ行進を見ているデモ参加者以外の一般の人の注目度は総じて高いという印象がありました。また、16日のデモ行進は、他の海外におけるデモ行進と異なり総じて紳士的で粛々と行われていました。
 
なお、デモ参加者側の要望書を花王側は、受け取らなかったと、デモ参加者がコールしていました。今後、ビジネスの観点からも不買運動がどこまで拡大するか注目されます。
 
※なお、本記事作成において、取材(撮影)の許可をしていただいた花王デモ実行委員会の関係者には、この場を借りて感謝と御礼を申しあげます。
 
編集部:西原崇文

 

-----------

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄昏の森

Author:黄昏の森
韓国と韓流ファンが目を背ける現実を書いていきます

最新記事
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる