スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【虚栄】日本マスコミが伝えない「少女時代」全米進出の大惨敗【虚構】

現実は韓流に冷たいね~まぁ嘘捏造で推し進めたら結果は無残に決まってるけど

 

「ランクの形跡なし......」日本マスコミが伝えない少女時代全米進出の"大惨敗"(1/16)
↑日刊サイゾー
 

記事内容

--------------

 

  先頃、少女時代の日本デビューアルバム『GIRLS' GENERATION』(NAYUTAWAVE RECORDS)がミリオンセラーを達成したことが明らかになった。韓国グループとしては初、同国歌手としてはBoA以来という日本でのK-POPブームを象徴する出来事ともいえる。ところで少女時代といえば、昨年11月19日にマキシシングル「The Boys」で全米進出を果たしたが、日本での熱狂ぶりが華々しく報じられる一方で、アメリカでの反応を報じるニュースがほとんどと言っていいほど伝わってこない
 
日本のオリコンに当たるビルボードチャートにランクインしたという話は聞きませんね。アメリカのiTunesチャートでシングルが74位アルバムが122位を記録したことがわずかに報じられたぐらいです」(K-POP雑誌編集者)
 
 74位と122位......なんとも微妙な順位ではある。ビルボードではなく、iTunesチャートというのも韓国の熱心なファンがアメリカのiTunesでダウンロードすれば、それがチャートに反映されるので、本当の意味でアメリカ人に支持されているかどうかの指標にはならないのではないか
 
その通りだと思います。特に韓国はインターネット大国ですから、こうしたことは当然行われているでしょうからね。やはり、CD売り上げが反映されるビルボードチャートが最も信頼できる指標ではないでしょうか。しかも、iTunesチャートであることを考慮しても、少女時代の順位は決して高いとは言えません。全米進出が成功したとは言えない宇多田ヒカルのアルバム『This Is The One』ですら、iTunesチャートでは18位を記録しましたからね。」(前出・編集者)
 
 ちなみに宇多田の同アルバムはビルボードチャートでは最高位69位、K-POP勢ではWonder Girls(ワンダーガールズ)のシングル「Nobody」が09年に記録した76位が今のところ最高位だ。08年に日本からアメリカへ活動拠点を移したBoAにしても、アメリカでの成果は芳しいものではない
 
アジア人アーティストがアメリカで成功するのは並大抵のことではありません。少女時代のアメリカ公演が大成功を収めたなどと報じられたこともありますが、あれは観客のほとんどがアメリカ在住のコリアンですからね。ヨーロッパでも大人気と喧伝されていますが、やはり一部のマニアによる人気なだけで、総合音楽チャートの上位に少女時代の楽曲がランクインするなんてことはあり得ないのが実情。数字だけ見れば、今回の少女時代の全米進出は"惨敗"と言っていいでしょう」(前出・編集者)
 
 だが、成功はこれでもかというぐらい大きく報じられ、失敗はスルーというのが、昨今の韓流ブームの実態少女時代の全米進出の顛末も大手メディアでは報じられることなく、ささやかな成功のみがフレームアップされ「空前のK-POPブーム」という形で、日本人ファンに刷り込まれていくだけなのか
(文=牧隆文)

 

--------------

 

まぁアメリカは海外の曲には相当厳しいからって言い訳も出来なくもないけど

韓国に関しては正当な評価でしょうね

 

日本も英語に関しては下手な部類なのだけど

韓国人の場合は日本より低い・・・ってか、英語が向いていないんだよね

 

それに加えて

実力で人気を得たわけでも評価されたわけでもないのに

日本っていう市場でメディアなどを金で操り

嘘の人気と評価を作り出し

それに胡坐をかいて

天狗のように鼻伸ばして最大市場のアメリカに売り込む・・・

 

馬鹿なの?

評価されるわけないじゃないwww

 

もうあれだよ

 

空き地でジャイアンがリサイタルして

その場を凌ぐためにドラえもんが秘密道具で美声に変える

ジャイアン「オレ、人気者!」って勘違いして

プロ目指して歌手デビューしようとしてドラえもんの助けを借りずに

音楽事務所などに歌を持っていく

 

結果、惨敗

 

K-POPはまさにこれじゃない?w

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄昏の森

Author:黄昏の森
韓国と韓流ファンが目を背ける現実を書いていきます

最新記事
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。