スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【さあ】TPP交渉 日本車危機?【どうする?】

TPP推進派の方々どう言い訳するの~?

 

TPP交渉で日米自動車摩擦再燃懸念も(11/14)
↑msn産経ニュース
 

記事内容

----------

 

 米国がTPP交渉の事前協議の議題として日本の自動車市場開放を挙げたことが日本側に衝撃を与えているTPPによる関税撤廃に期待してきた自動車業界にとってまったく想定していなかった事態」(大手メーカー幹部)だ。業界内では言いがかり」(別の大手幹部)との受け止め方が大勢だが、来秋の大統領選を控えるオバマ政権が米国業界の意向を無視できそうにない。日本側は日米自動車摩擦が再燃するかのような動きを懸念している。
 
 日本のTPP交渉参加に対し、米通商代表部(USTR)のカーク代表は11日に米国産牛肉の輸入規制撤廃、日本郵政への優遇措置見直しのほか、自動車市場の開放を事前協議のテーマとして例示した
 
 米自動車政策評議会(AAPC)も日本の自動車市場は先進国で最も閉鎖的だなどと批判。米側はこれまでも、次世代エコカーの有力分野とされる燃料電池車を日本に持ち込む際の手続きが不透明だとして日本側に改善を求めていた。
 
 これに対して、日本側では「水素を扱う燃料電池車は現行法で危険物積載車扱いだが、これは米車だけでなく日本車も欧州車も同じだ」(日本自動車工業会幹部)と反論する。ただでさえ日本の国内市場が縮小する中で新たな市場開放を求められても対処できないというのが共通認識だ
 

2ページ目

 

 日本側には、米国車が伸びないのは米側の努力不足だという認識が根強い。2010年の輸入車販売台数に占める欧州車の割合が8割程度なのに対し米国車はわずか4%。業界団体の幹部は「なぜ“アメ車”が日本で売れないのかを学んでいない。学習効果がなさすぎる」と切り捨てる。
 
 ただ、米業界とっては自動車関税撤廃の危機感は強い。すでに米国は韓国との自由貿易協定(FTA)で合意、韓国車の関税ゼロを認めており、日本車までゼロになれば死活問題となるためだ。米議会の超党派議員団も日本市場が参入障壁に当たるなどとする書簡をカーク代表に出し、政治問題の色彩を強めている。
 
 米国が日本の自動車市場の開放を求め、1995年に合意した日米自動車協議では、米側が日本に米車販売の数値目標を要望。日本企業の自主計画で要求の一部を受け入れた。日本側には今後、コメなどの関税撤廃を例外扱いとするための難しい交渉が待つ。そんな中で米側の要求が強まれば、自由貿易体制構築とは名ばかりの“ごり押し”が迫られる可能性もある

 

----------

 

はじめからアメリカ側の要求しかないんだけどね

テレビ、新聞などのメディアと

現政権である民主党が情報操作と隠蔽でそれらを見せなかっただけで

はじめからアメリカ主導なんだよ

 

ま、こんなの序の口よね

次から次へと日本にとって不都合な約束をさせられるでしょう

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. えっ・・・


TPP参加を是非是非!といきまいていた自動車業界の人がこんなことにびっくりしてんの?ばかじゃないの?ばら色の都合のいいことばかり想像していたんでしょうか.
経済ど素人の私でもアメリカ主導でアメリカの輸出強化のためのTPPであることはわかっていたのに,その不都合を越えても尚自動車業界には勝算があるから参加しろ!と言っていたんじゃないの!?
そうなると本当にTPP参加なんてとんでもないですよね.絶対反対!!

2. Re:えっ・・・


>ほっちゃんのさん

どう考えても素人ですら気付くよね
ほんのちょっとの関税のためにここまで大大的にするわけないんだし・・・
多分どんどんこういった話出てくるでしょうね~
プロフィール

黄昏の森

Author:黄昏の森
韓国と韓流ファンが目を背ける現実を書いていきます

最新記事
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。