スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【どっちも】大阪選【どっち】

耳障りのいい事ばっかり言ってるが

 

平松氏「大阪を良くするのは市民の力」(11/14)
↑日本経済新聞
 

記事内容

------------

 

 告示から一夜明けた14日午前、平松邦夫氏は市役所本庁舎前の御堂筋沿いに立ち、通勤途中の会社員らに向かってマイクを握った。中之島地区の景観整備などを話題に出し、「市民、職員と共に積み重ねてきた市の変化の兆しを摘み取られてはならない」と訴えた。
 
 市民との“距離”を近づける姿勢は徹底している。告示前日の12日には難波で福祉イベントに参加し、市民と一緒に健康体操を体験。「市長になって4年。地域の皆さんから色々なことを教えてもらいました」とあいさつした。就任以来、足を運んだ地域の集会や催しは約560回に上る。
 
 政策の根幹に据えるのは市民協働だ。1期目は住民主体の防犯パトロールや放置自転車の撤去に取り組んだ。今回の選挙戦では「with」というキーワードで表現。14日も東日本大震災後に市民や企業と連携して防災フォーラムや帰宅困難者訓練に取り組んだことを挙げ「良くなってきた街に、もっと磨きをかけませんか」と呼びかけた。
 
 府市の解体・再編を柱とする大阪都構想に反発している平松氏と、橋下徹氏とは政治手法を巡っても対立が激化。平松氏は「単に制度を変えるだけで、物事が良くなるというマジックは存在しない」と訴え、今回の市長選を「市民を守るための戦い」と位置付ける。
 
 維新包囲網として知事選候補の前大阪府池田市長、倉田薫氏(63)との連携も演出し、公開討論会などでは「独裁を叫ぶ人から民主主義を守りたい」と力を込めている。
 
 平松陣営には民主、自民の地元国会議員に加え、連合の古賀伸明会長が応援に入っている。古賀会長は13日、維新が府議会で過半数を占めていることなどを踏まえ、「首長と議員が緊張関係を保つのが議会制民主主義。民主主義を守らないといけない」とバックアップした。

 

------------

 

耳障りのいい事言ってるけど

じゃあ平松氏は今まで「何をしてきたのか」

市の改善をしたって話も聞きませんし、

改善とはいかなくても市をより良くしたとも聞いたことがない

平松氏はいい人ってのはよく聞くけど

じゃあ市長として何かやったのか?ってなると首を傾げる人は多いんじゃないだろうか

財政難で何としても赤字から脱出しなければならん時に

市の抜本的な改革をこの平松氏はしようとしただろうか

必要のないところを削除し、必要なところをより良く組みなおす

そういった事をしてきただろうか?

既存の利権を守るためにいるように見えるのは気のせいか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄昏の森

Author:黄昏の森
韓国と韓流ファンが目を背ける現実を書いていきます

最新記事
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。