スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【それが】性犯罪者に寛大な韓国【国民性】

そりゃ長年やってきた事だもの

 

【コラム】性犯罪者に寛大すぎる韓国(11/6)
↑朝鮮日報
 

記事内容

------------

 

子どもを持つ親たちは最近、法務部(省に相当)から各家庭に郵送されてきた「私たちの町の性犯罪者」リストを見て、背筋に寒気が走った性犯罪者の顔写真と共に、犯行の手口が詳しく記載されていたからだ。郵便を受け取ったある保護者は「性犯罪者が自分の町をうろついているという事実を知り、夜も眠れなかった」と話した。
 
 性犯罪者のリストは、「性犯罪者のお知らせ」サイトでも閲覧できる。市民は「自分の子どもの周りに性犯罪者がいたら」と震えながら画面をクリックする。家の近所に性犯罪者が住んでいることを知った保護者たちは、子どもの通学路を変更するなど対応に苦慮している。学校まで遠回りになっても、性犯罪者の居住地域を通るのは避けたいからだ。
 
 保護者たちのこうした反応はデリケートすぎるだろうか韓国の現実を見れば、保護者たちの不安には根拠があるということが分かる。大検察庁(最高検察庁に相当)が今月16日に公表した「2011年犯罪分析統計」によると、韓国では13歳未満の子どもに対する性犯罪(痴漢などのわいせつ行為や性的暴行)が、1日当たり平均3.2件も発生していることが分かった。被害者が13歳以上の未成年や成人のケースも含めると、全件数は1日当たり平均54.6件に達する。韓国のどこかで、1時間に2.3件の割合で性犯罪が発生しているのだ性犯罪の場合、司法当局が把握して統計上に表れるのは10分の1にすぎないともいわれており、実際には、韓国では1日に500件以上の性犯罪が発生しているとみていいだろう1年に換算すると18万2500件、5年間では累積件数が90万件以上に達することになる。
 
 こうした実情にもかかわらず、性犯罪に対する韓国社会の態度は、不思議なほどに寛大だむしろ責任を被害女性に転嫁するような風潮もある。多くの国民の怒りを呼んだ映画『るつぼ』もそうだ。映画のモデルとなった光州の聴覚障害者向け特殊学校「インファ学校」の関係者たちは、5年にわたり罪の意識もなく障害を持つ児童・生徒に性的暴行を加え、加害者の一部は再び同校に戻っていたという。こうした事実も、性犯罪を軽視する社会のムードと無関係ではないはずだ。

 

2ページ目
 

蔚州郡では最近、性的暴行未遂容疑で逮捕された公務員をめぐり、同僚たちが寛大な処分を求める嘆願書を裁判所に提出するという騒動があったが、これには開いた口がふさがらない。問題の公務員は同郡で障害者支援を担当していたが、今年6月に自分の担当する、知的障害のある少女(14)に対し、性的暴行を加えようとした疑いで逮捕され、一審で懲役5年を言い渡された。職務上自分が保護すべきか弱い少女に対し、性的暴行を加えようとした上、犯行に及ぶ際には少女の家で下着1枚になってナイフを振りかざして脅し、手に傷を負わせるなど、犯行の手口も悪質だった。だが、同僚たちは、その公務員が「勤務態度が誠実で、家族を背負う世帯主」だと主張し、裁判所に善処を訴える嘆願書を提出したというのだ。ここまでくれば、集団利己主義というレベルを超え、常識が通用しないレベルに達している。この公務員たちの態度は、韓国社会が性暴力をいかに軽く考えているかをはっきりと物語っている。蔚州郡庁のホームページには、激怒した市民から「嘆願書を提出した公務員の名前を公表せよ」との訴えが相次いでいるが、同郡は、市民の怒りの声に何の反応も示していない
 
 こんなことで本当にいいのだろうか。映画『るつぼ』のヒロインは「この発情した国で、この先ずっと娘を育てていかなければならないのか」と絶叫した。「発情した国」でなければ起こり得ないようなことが、実際に今、蔚州郡で起こっている。
 
キム・ドンソク社会部次長

 

------------

 

被害者には申し訳ないが、それが韓国です

事実、大昔から近親相姦、強姦を繰り返している国ですから

(学者が近親相姦でないと出来ない遺伝子など発見)

しかも、女性にまるで人権がないような不利な状況なのも大昔からで

結婚しても旦那の名字を名乗ることも出来なかったとか


まぁぶっちゃけるなら

どこぞの大臣の「女性は産む機械」をある意味実践してるのが韓国

 

韓国はそんな国じゃないって思い込みたい人いるだろうけど、これが現実

これがアメリカや中国など人が圧倒的にいる国なら

「良い人もいれば悪い人もいる」

で済みそうな感じもするだろうけど

韓国って日本の半分ぐらいの人口だった気がするけど

それを踏まえると異常な数値よ?

宝くじの1等に当選するぐらいの確率でしか「良い人」に会えない

と考えないといけない

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄昏の森

Author:黄昏の森
韓国と韓流ファンが目を背ける現実を書いていきます

最新記事
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。