スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【さすがカルト】統一 文春抗議デモ【懲罰って】

一言で表すなら「ありえん」

 

統一協会の文春抗議デモは献金摂理の“罰ゲーム”?(10/31)
↑やや日刊カルト新聞
 

記事内容

-------------

 

連日昼時のオフィス街を賑わせている統一協会(統一教会)による文藝春秋社と週刊文春に対する抗議デモ。このデモの参加者について、新たな情報があった。
10月に入りデモ隊参加者の中に増えてきた壮年信者、これらの壮年信者は献金実績の上がらない地区の牧会者(教会指導者)であり、懲罰としてデモ隊へ参加させられていたというのだ
 
◆入念なリハーサルで気合を入れる参加者
10月28日正午前、紀尾井町の清水谷公園の池の畔に、輪になってシュプレヒコールを上げる異様な集団の姿があった。統一協会のデモ隊だ。一人ずつ演説のリハーサルをする声が公園内に響く。公園に居合わせた昼休み中のサラリーマンやOLは訝し気な顔をしていた。
 
デモ隊リーダーの井口氏の指導による入念なリハーサルは30分以上続き、12時半を過ぎて漸く公園から文芸春秋本社前に移動を開始した。
 
◆広報部部長も参加
この日のデモ隊、演説を担当するのはやはり牧会者や婦人部長と思しき壮年・壮婦信者たちだ。
井口氏の前節の後、最初の演説者は松濤本部広報部部長の太田朝久氏だ。
 
その後も牧会者や婦人部長と思しき演説者が続く。祝福結婚で来日した韓国人壮婦信者数人もシュプレヒコールを上げる。
 
各自、演説内容が印刷された紙を見ながら声を張り上げる。
 
◆韓国から“メッコール”も参戦、傍らでは“自叙伝伝道”も
韓国人壮婦信者が「週刊文春は正しい報道をする~!」と語尾を言い間違える一幕もあったが、その他は、演説内容にさほど目新しさもなく中弛みしていたので、韓国で仕入れたメッコールのペットボトル(空)を素材にデモ隊の写真を撮ってみた。
 
チラシ配りをしていた若い女性信者が教祖の自叙伝伝道をしていたので一冊貰った。
大宮教会からの参加だ。記者に自叙伝を渡す際に婦人部長の了解を得るあたり、“報・連・相”を遵守する模範的な信者だ。
 
◆圓母平愛40日摂理(献金)
統一協会は“圓母平愛40日摂理”という名目で8月24日から10月2日の40日間に総額3億2千ドル(約300億円)の献金指令を全国の信者に出した。しかしながら、思うように献金額が伸びず、9月末で集まったのは約30億円と僅か10%程度の達成率だったようだ。松濤本部は“圓母平愛40日摂理”を10月末まで延長することに決め、改めて全国へ指令を出した
 
◆文春デモが牧会者への懲罰に?
信者一家庭あたり120k(120万円)を収めなければならないとされている“圓母平愛40日摂理”、松濤本部は献金実績が上がらない地区に対し、全国の牧会者と呼ばれる教会指導者を東京の紀尾井町での文春抗議デモに参加するよう指示を出したとされる
 
そのため10月からは、教会員の教育と啓蒙のために抗議活動の人数を増やし、一回の抗議活動に責任者が6人以上参加することになったそうだ。
 
デモ参加人数については、教会ごとに人数を割り振り必ず参加させ、牧会者自らが所属会員を連れて行く形を採っているそうだ。デモ参加者の人数を調整をしていることが判る。
 
抗議デモに動員されていたのは当初都内の教会所属の青年信者中心であったが、10月からは人数が増え壮年信者が演説する姿ばかりが目立つようになっていた。その背景にはこのような事情があったというわけだ。
 
中には九州から参加させられた牧会者もいたそうだ。
 
◆“霊界を動かすために”婦人部長も参加
また、牧会者が抗議行動を先導し強いアベルとなると霊界が動いてその教会の献金額が上がってくるとされ、そのために特に婦人部長が先頭に立つとよいとの判断から、各地のの婦人部長も参加させられているようだ。
 
この日参加の壮婦信者に婦人部長かどうか訊いたが「違います!」と否定された。
 

◆“嫌々”参加の地区長ら
ある地区の地区長は担当地区の献金実績が悪かったため、文芸春秋本社前での抗議デモに参加を命じられ嫌々上京したそうだ
 
献金上納成績の悪い牧会者への懲罰的様相を呈してきた文春抗議デモは、最早全国の牧会者に対する“罰ゲーム”と化したようだ
 
【YOU TUBE】2011.10.28 統一協会文春抗議デモ終了後の一コマ
 
一通り演説を終えたデモ隊は反省会のため清水谷公園に向かう。
 
◆トップダウンの献金催促
思うように献金が集まらない状況に、日本統一教会宋総会長は毎朝全国の地区長に献金の催促電話をしているという情報もある電話を受けた12名の各地区長は所轄教会の責任者を集め献金を催促しているという
 
また、教祖の4男・文國進氏は毎週来日し献金額などをチェックして帰国するそうだ。 國進氏が来日する度に全国の地区長が信者への献金要求を強めるという。
 
尚、10月末まで期限が延長された“圓母平愛40日摂理”は、やはり目標額には遥かに及ばないとみえて更に期間が延長されたとの情報もある
 
◆本部広報を直撃
統一協会松濤本部広報に訊いた。
 
献金実績の悪い地区の牧会者や婦人部長が文春デモに参加させられているのか訊くと、「10月から教会の牧会者・責任者が積極的に参加するようになっていることは事実」と認めたものの献金やその実績との関係については「その様な事実はない」と否定した。
 
10月末まで期限が延長された“圓母平愛40日摂理”について、更に期間が延長されたかどうかについては「そうかもしれない」と明確な返答は得られなかった。本部広報は“圓母平愛40日摂理”と文春デモ参加者との関連についてはきっぱり否定した。
 
ちなみにデモ隊リーダーの井口氏にも献金実績と牧会者のデモ参加の関係について質したが、回答は“ノーコメント”であった。
 
◆来月も続行
一部で今月いっぱいで終了するのではと云われていた文春デモだが11月も続けるようだ。食口(信者)の教育のためにもやるとの情報があるが、教会内部の事情である献金や信者教育のためにデモが行われているとしたら文藝春秋社もいい迷惑であろう。
 
◆やや日も“罰ゲーム”に利用か?
ややもすると、全国の牧会者は「献金実績を上げなければ文春デモに参加させられ、その姿をやや日刊カルト新聞に掲載されてしまう」との強迫観念に苛まれているのかもしれない。
 
本紙がカルト団体の献金摂理を進める手段として使われていないか気に掛かるところだ。

 

-------------

 

何故こんなこと「させられて」いるのに付いていくのか理解不能

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄昏の森

Author:黄昏の森
韓国と韓流ファンが目を背ける現実を書いていきます

最新記事
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。