スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【原発に】愛知でメガソーラー建設【頼らない】

ソフトバンクやサムスン関ってないよね・・・?

韓国の部品使わないよね・・・?

 

愛知・田原に国内最大メガソーラー建設 三井化学など正式発表(10/21)
↑中日新聞
 

記事内容

-------------

 

 三井化学や三井物産、東芝など6社は21日、愛知県田原市に国内最大の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を共同で建設し、発電事業を始めることで基本合意したと正式に発表した。2012年6月に着工し、13年9月の稼働を目指す。地元の中部電力も同日、グループ会社を含めて事業への参画を検討していることを明らかにした。
 
 三井化学が田原市に保有する遊休地約82万平方メートルに、発電出力50メガワット(5万キロワット)の太陽光発電設備と、出力6千キロワットの風力発電設備を建設する。太陽光と風力を合わせた年間発電量は6750万キロワット時と想定。これは同市の総世帯数の9割に当たる約1万9千世帯分の使用電力量に相当する。
 
 太陽光や風力など再生可能エネルギーでつくった電力を電力会社が固定価格で買い取る制度が来年7月に始まるため、6社は採算が見込めると判断した。総投資額は18年間で180億円を見込み、うち175億円は日本政策投資銀行から低利で融資を受ける。
 
 三井化学の田中稔一社長は21日、愛知県の大村秀章知事に事業計画を説明するため県庁を訪問。「田原市は日照時間や平均風速が国内でトップレベル。ここで採算が合わないことはない」と自信を示した。
 
 三井化学は太陽電池の部材を製造しているほか、他の5社も関連製品の開発や販売を手掛ける。太陽光や風力は発電効率や高コストといった課題を抱えているため、6社は実際に発電所を運営しながらノウハウを蓄積し、技術革新などにも結び付けたい構えだ。
 
 中電にとっては、6社の建設計画が実現すれば、全量を買い取ることで発受電電力量全体に占める再生可能エネルギーの比率が高まるメリットがある。中電は「新たな技術的知識が習得できる」として建設段階での検討には参加する方針だが、建設後も事業にかかわるかは「国の買い取り制度の詳細が決まっていないため、今後も検討を続ける」と説明している。
 
(中日新聞)

 

-------------

 

マジでソフトバンクやサムスンなどの韓国が関ってませんように・・・

絶対絡んだら


日本のためにならない結果が待ってる

 

で、記事通りだと環境への影響はない・・・のかな?

滋賀のどっかの馬鹿が琵琶湖にパネル置くとか意味不明なこと抜かしてたし

その辺は大丈夫だろうか

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄昏の森

Author:黄昏の森
韓国と韓流ファンが目を背ける現実を書いていきます

最新記事
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。