スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【話せば分かる】日本も核武装すべき【なんてありえない】

日本人の財産を狙う悪党相手に「話し合い」が本当に通じるとでも?
 
明治大学名誉教授・入江隆則 有害な核アレルギー打ち破ろう(4/19)
↑msn産経ニュース
 
記事内容
-----------------------
 
 北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射に失敗した。藤村修官房長官は当日の声明の中で、「わが国を含む地域の平和と安定を損なう安全保障上の重大な挑発行為」だとしたうえで、さらに、「今回の発射は、わが国として容認できるものではなく、北朝鮮に対して厳重に抗議し、遺憾の意を表明する」と付け加えている。
 
 この藤村長官の発言には、むろん賛成だが、日本のこういう言葉だけの抗議と、それに伴う各種の〈経済制裁〉だけですませてしまって、それでいいのかという疑問が残る。
 
 ≪北核武装で「核の傘」不安に≫
 
 北朝鮮は、今回はミサイル発射に失敗したものの、次回は成功するかもしれないし、同時に核実験も積み重ねているのだから、数年後には、彼らが最終目標としている、アメリカの諸都市を直接、核攻撃できる大陸間弾道ミサイル(ICBM)を保有するに至るであろう。
 
 そうなったら、北朝鮮が日本を核攻撃すると威嚇したり、万に一つ、実際に核攻撃を仕掛けてきたりしたとしても、アメリカは自国都市に対する北朝鮮の核による反撃を恐れて、日本のために北朝鮮に核攻撃をすることなどできにくくなるだろう。中国については、すでにそれに似たような状況も出現しており、アメリカのいわゆる「核の傘」は、日本に関しては怪しくなってきているのである。
 
 筆者は過去数十年ほど、「比較新世界論」というテーマを、自身の研究対象に設定してきた。「新世界」とは、いうまでもなく、近代西洋諸国の植民の結果として生まれた、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、中南米諸国などを指している。
 
 その中で、北米のアメリカ合衆国だけがなぜ、やたらに元気が良くて、好戦的かつ攻撃的で、20世紀前半から今日までの短期間ではあるにせよ、「世界の警察官」の役割を果たすことが可能だったのか、という疑問に答えたかったのである。
 
 ≪日本だけが「丸裸」になる≫
 
 たどり着いた結論は、アメリカ合衆国だけに「建国の理念」があったからだという、ごく平凡なものだった。同時に、今やその「建国の理念」が薄れて、アメリカの哲学者アラン・ブルームが、ベストセラーとなった著書、『アメリカン・マインドの終焉』の中で、とうの昔に指摘していた通り、財政赤字のために軍事費を大幅に削減するしかない今のアメリカは、昔のアメリカではなく、また、人種的にもヒスパニックの人口比率が増大しているせいもあって、他の「新世界」国家と同じような、歴史も文化もない、ただ退屈なだけの国にならざるを得ないということだった。
 
 20世紀前半の日本人は、そのアメリカと戦争をして敗れ、足かけ8年間の占領期間中に完全に教化されてしまい、憲法も皇室典範も教育制度も歴史観もアメリカ主導で作られ、かつまた、それを押し付けられて、いまだに、それを改革する気概さえ持っていない。
 
 世界の2000年の戦争史を見ても、敗戦国民がこれだけ戦勝国民に教化された例は、他には全く見ることができない。その結果として、何とまあ60年もたっているのに、日本人はいまだに自国を自国で防衛しようともせず、負けた相手のアメリカに頼り切っているという状態である。そのアメリカが先に書いたように、「普通の国」になろうとしているのだから、日本だけが「丸裸」で、置いてけぼりを食っているとしか言いようがないだろう。
 
 ≪核武装諸国と対等な口利けず≫
 
 日本人には核アレルギーがあり、核を論ずることはタブーになっているとよくいわれる。広島、長崎に原爆を投下され、大量の人々がそのために死んだのだから、日本人の間に核に関する〈アレルギー〉と〈タブー〉が生まれたのも分からないではないが、普通の大人なら、ロシアと中国に加えて北朝鮮までが核武装国になって、その3カ国に取り囲まれている現在、日本だけが核武装をしていなければ、彼らと完全に対等な口が利けなくなるのは、分かり切ったことである。
 
 中国は、古典の『戦国策』や『韓非子』などを読んでみればすぐ分かる通り、あらゆる側面で虚偽と謀略に満ちた恐ろしい国である。したがって、北朝鮮のようにいきなりミサイルを撃ち込んだりはしないが、中国の属国になって支配されるという、あってはならない状況に陥ったら、どんなに不幸になるかは、現在のチベットやウイグルの例がよく示している。絶対にそうならないために、日本が少数の核を保有するのは、当然すぎるほど当然なことだと、筆者には思えるのである。
 
 しかし、なぜか日本の政治家には、そういう議論をする人が少ない。保身と大衆受けのために愚かな〈タブー〉に従っているだけだとすれば、何という頼りない人々だろうかと思う。どうか、若い政治家の中から、この有害な〈アレルギー〉と〈タブー〉を打ち破る人々が出てきてほしいと思う。(いりえ たかのり)
 
-----------------------
 
しかもその「核アレルギー」と「タブー」も捻じ曲げられてる可能性高いしね
 
原爆を落としたのはアメリカであり被害者は日本のはずなのに
何故か悪いのは「日本」
 
実際こんな例もある
 
伊豆下田発 たさかとみよ です!より
 
世界平和を唱える大嘘つきたち
 
>さて私はこの「過ちは繰返しませぬから」という文言に奇妙な違和感を毎回感じています。
 
主語が無く、「誰が」過ちを繰り返しませぬからというのが明確では無いからです。
 
>このままでは「安らかに眠ってください。私たち日本人はおろかな過ちを二度と繰り返しませんから」」としか読めないでしょう?
 
>不必要な原爆を投下したのはアメリカです。あたかも、日本人の罪だというすり替えが行われています。
 
>私なら「安らかにお眠りください。」と記し、その下に「アメリカの原爆投下による戦災者」と書きたいのです。
 
 
↑でも指摘されている「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」って
何の文章か分かります?
 
広島にある平和記念公園の「原爆慰霊碑」の一文なんですよ
 
指摘されている通りおかしくないか?
戦争=過ちか?
 
確かに戦争は悪いことでしょうね
しかし原爆落とされたこの戦争は「自己防衛」のための戦争であったし
自分の身を守るための戦いが「過ち」なら一体どうやって身を守るのでしょうね?
 
話し合い、交渉で解決?
単なる喧嘩すら話し合いで解決できないのに?
しかも日本は海外との交渉が一番下手なのに?
 
喧嘩と戦争を一緒にするなとか言いそうだけど
喧嘩すら話し合いで解決出来ないのに
戦争が話し合いで解決出来る訳ないでしょうよ
 
しかも相手のほうが強く、武器も持っていて、こちらの財産まで狙ってる
 
この状況でどうやって身を守りますか?
話が通じない、隠れる場所もない、逃げる場所もない、守ってくれる人もいない・・・
 
同じ武器もしくはそれに近い武器を持って牽制するのが妥当ではないんでしょうか?
 
最初の記事に書かれてる通り
もしアメリカの核の傘が意味をなさなくなったら
一体日本はどうやって身を守るのですか?
 
それでも核は嫌って言うなら
核に匹敵する武器の開発や
核を無効化する遠隔装置の開発をしないといけなくなりますよ?
しかし、そういう開発を行えば
確実に核武装した国から抗議がくるでしょうね
下手したら核を使うと言ってくるでしょうね
スポンサーサイト

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黄昏の森

Author:黄昏の森
韓国と韓流ファンが目を背ける現実を書いていきます

最新記事
最新コメント
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。